無料WordPressテーマ「Sentry」のチュートリアル

wordpressのテーマ「Sentry」の設定方法・チュートリアル記事のまとめです。

Sentryのアップデート情報


STEP.0:Sentryに最適なサーバーは?

Sentryは、テーマ自体に”高速化”の仕組みを組み込んでいないので、キャッシュが使える環境での利用を推奨しています。
キャッシュ系のプラグインをお使いいただくこともできますが、CSSファイルやJSファイルの読み込み順序を変えてしまうプラグインの場合、表示が正しく行われない場合があります。

そういう意味で、プラグインを使うのではなく、キャッシュ機能を持っているサーバーでご利用いただくのが一番良いと思います。
個人的にオススメなのは、Wordpressブロガーならすでに使っている人も多いと思いますが、WordPressの運用に特化したレンタルサーバー「wpX」がオススメです。
私が運用しているwordpressのサイトでも、すべてwpXサーバーを利用しています。

wordpressに特化したキャッシュ機能が優秀なのはもちろん、これからSEO対策をするうえで必須となるSSL(HTTPS対応)にも追加料金なしで対応してくれるのがありがたいです。

1つのサーバーで複数のwordpressサイトを運用したいという場合は通常の「wpXレンタルサーバー」を、1つのサイトをじっくり育てていく予定の方は「wpXクラウド」を利用すると良いと思います。
(wpXクラウドは初期費用が安く、サイトのアクセスが大きくなるとサーバー移設などをせずにスケールしていくことができます。)

どうしても他のサーバーが使いたい特別な理由がなければ、wpXをご利用いただくことでSentryを最大限活用いただくことができると思います。

サーバーの申し込みはこちらから↓


STEP.1:公開までに最低限必要な設定

STEP.2:Sentryをもっと活用するための設定

STEP.3:Sentryをカスタマイズする

Sentryをお使いいただいているユーザーさまのご意見を受けて検討したSentryのカスタマイズ記事です。
同じような問題を抱えている場合は参考にしてみてください。
また、カスタマイズしたい内容をお持ちの方は、是非お気軽にお知らせください。(Twitterでお知らせいただくのが一番はやくリアクションできると思います。私のTwitterアカウントはこちらです→@UltimateEz