鳥山明が描く”メカ”好きにはたまらないプラモデル「メカコレクションドラゴンボール」の第1弾「ブルマのカプセルNO.9バイク」を作ってみた!

DB001

82年生まれの僕にとってやはり「ドラゴンボール」というマンガは”神”以外のなにものでもないわけですが、その魅力の一つが鳥山明先生が描く”メカ”の魅力。
デフォルメされた丸っこいメカ。
“マンガ的表現”という意味では最高峰にまで達している圧倒的画力を詰め込んだのが、ドラゴンボールにも登場する数々のメカだったと思います。

そんな鳥山明先生の描く”ドラゴンボールに登場するメカ”がプラモになる!しかもスターウォーズのプラモデルで圧倒的な技術力を見せつけてるバンダイから発売!ということで、早速第1弾の「ブルマのカプセルNO.9バイク」を買ってみました。

コミックスをイメージした箱が可愛い!!

DB002
箱のデザインは、メインに鳥山明のイラストを配置。そして、コミックスのデザインをモチーフに仕上げられています。

DB003
ドラゴンボールのコミックスといえば!ということで、背表紙も再現!
もちろん、第2弾と並べれば絵がつながっていくデザインになっています。
ドラゴンボールのコミックスと並べて飾りたいパッケージですね。

DB004

箱の中身をチェック!!

DB005
箱を開けると中身はこんな感じ。
ランナーは2枚。白・黒・薄いグレー・透明の3色が組み合わされています。
さらに、シールと組み立て説明書。
加えて、初回限定の「カプセルコーポレーションメカニッックガイド」も同梱されています。

DB006
「カプセルコーポレーションメカニッックガイド」の中身は今回プラモデルになった各メカの解説。
「ブルマのカプセルNO.9バイク」だけじゃなく、全7巻すべてのメカが載っている冊子です。
初回限定ということなので、この冊子も欲しい人は早めに購入しましょう!

DB007
ランナーの処理はさすがバンダイ!という感じで、ゲート跡が目立たないように見事に設計されています。
基本的にゲート跡が表に来ないように組まれていますし、表に出る部分も非常に小さい接点でゲートに接続されているので、ニッパーを使わずに手で外していく感じでも綺麗に組めそうです。(もちろん、できればニッパー使った方がいいと思いますが…。)

DB008
ブルマ・悟空は塗装前提で黒一色で成形。パーツは細かく分割されています。

DB012
塗装の色指定は説明書内で細かく説明されていますが、パーツはかなり細かいので塗装の難易度はそれなりに高いと思います。(ブルマのシャツのストライプを塗装するのは特に大変そう!!)

DB005
ちなみに、この飛行機の翼っぽいパーツは今回のブルマのバイクでは使用せず、シリーズ7種コンプリートで組み上がる「ブルマのロマンティック戦闘機」のパーツとなります。
“ロマンティック戦闘機”という名前はちょっと謎ですが、初期ドラゴンボールのエンディング曲で登場したあの戦闘機!懐かしすぎる!!!

Top romantic
[ via メカコレクション ドラゴンボール – バンダイ ホビーサイト ]

早速組んでみた!

前置きはさておき、プラモデルを組んでみました。
塗装なし、スミ入れも無しの素組みです。

組立時間は15分〜20分くらい。
プラモデルをそんなに頻繁に作るわけではない僕でもそれくらいで作れるので、難易度としてはかなり低いと思います。
DB009

バイクなので二輪ですが、タイヤの幅がかなり太いのでスタンドなど無くてもしっかりと自立。
ただし、タイヤは回転しないので、コロ走行などのプレイバリューは全くありません。もちろんハンドルと連動して前輪が動くなんてこともない、完全固定のモデルです。

DB010
運転席の計器はシールで再現されています。

DB011
未塗装のキャラクターを乗せるとこんな感じ。
“メカ”がメインのシリーズと考えると、こういう黒塗りのキャラクターをダミーで載せている感じになるので、これはこれでアリな気もします。
もちろん、塗装出来る人は塗装して完璧に仕上げる方がいいのかもしれませんが…。

DB013
最後に後輪のサイドの「CAPSULE 9」のロゴと、、

DB014
リヤウインドウ(?)の型番のシールを貼れば完成!!

DB015
iPhone 7 Plusの上に置いたところはこんな感じ。
この小ささでこのディテール!というのがやはりスゴいです!!


というわけで、「メカコレクションドラゴンボール」の第1弾「ブルマのカプセルNO.9バイク」を塗装なし・スミ入れなしで作ってみました。
キャラクターが黒いのでやはり塗装したくなる気持ちもありますが、メカが主役のシリーズと考えれば塗装なしでも十分なクオリティ!!
かなり小さい仕上がりなので、シリーズ全部を並べてもあまり場所を取らないのも嬉しいですよね!※値段も実質600円くらいなので懐にも優しい!
ドラゴンボールのメカにグッとくる方は、是非シリーズコンプリートで「ブルマのロマンティック戦闘機」まで目指してみてはいかがでしょうか。

いやー、それにしてもやっぱり鳥山明の描くメカはかわいいなぁ。。。

※6巻・7巻はまだ予約スタートしていません…。
[ via メカコレクション ドラゴンボール – バンダイ ホビーサイト ]