[Sentry]Sentryのインストール手順

Sentry banner

最強の無料WordPressテーマ(※自称)「Sentry」のインストール方法は以下のとおりです。

※「Sentry」の詳しい解説はこちら→最強の無料Wordpressテーマ「Sentry」〜AMPにも対応したスマホファーストテンプレート〜

「Sentry-Void」「Sentry」をダウンロードする

Sentryのコアになる「Sentry-Void」と、各サイト毎にカスタマイズを行う小テーマ「Sentry」の2ファイルをダウンロードします。

20170115182550
どちらのテーマファイルも「GitHub」にアップしているので、左上のダウンロードボタンからダウンロードしてください。

「Sentry-Void」(sentry-void-master.zip)→ultimate-ez/sentry-void
「Sentry」(sentry-master.zip)→ultimate-ez/sentry

「Sentry-Void」「Sentry」をサーバーにアップロードする

ダウンロードしたテーマファイルをサーバーにアップしましょう。
zipファイルを直接アップロードする場合は、Wordpressの「外観」メニューから「テーマ」「新しいテーマを追加」と選択し、「テーマのアップロード」からファイルをアップロードしましょう。
2017011600048

まずはテーマの”コア”である「Sentry-Void」(sentry-void-master.zip)からアップロード。
2017011600230

テーマのインストールが完了しました。というメッセージが表示されたら成功です。
2017011600301

「テーマのページに戻る」をクリックして、テーマのページを表示すると、テーマ「Sentry-VOID」が追加されていることを確認できると思います。
2017011601040

同じように、小テーマの「Sentry」(sentry-master.zip)もアップロードしましょう。

アップロードに成功したら「Sentry」のテーマも追加されていると思います。
2017011605543

これでテーマファイルのアップロードは完了です。

テーマファイルのアップロードはFTPなどでサーバーに送信することもできます。
今後テーマファイルのアップデートなどもあると思うので、FTPクライアントアプリを1つ入れておくと便利です。
FTP接続でファイルの送信ができればなんでもいいと思いますが、私は「Cyberduck」というアプリを使っています。

Cyberduck

2,900円
(2017.01.16時点)
posted with ポチレバ

小テーマ「Sentry」を有効化する

「Sentry-VOID」「Sentry」のアップデートが完了したら、小テーマ「Sentry」を有効化してください。
コアの「Sentry-VOID」ではなく子テーマ「Sentry」の方なので注意してください。
2017011610301

これでSentryのインストールは完了です。
ひとまず、Sentryのデザインでサイトが表示されることも確認できるはずです。

テーマカラーなどのデザインの調整や、ウィジェットの設定や各機能の利用方法は次回以降また解説したいと思います。