Not Ever Afterなハッピーエンドの一瞬 映画『セッション』のショート感想

『セッション』の作品概要

Poster2 2

2014/アメリカ 上映時間:107分 G
原題:Whiplash
配給:ギャガ
監督:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ

<あらすじ>
2014年・第30回サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞を皮切りに世界各国の映画祭で注目を集め、第87回アカデミー賞では助演男優賞ほか計3部門を受賞したオリジナル作品。
世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。
「スパイダーマン」シリーズなどで知られるベテラン俳優のJ・K・シモンズがフレッチャーを怪演し、アカデミー賞ほか数々の映画賞で助演男優賞を受賞。監督は、これまでに「グランドピアノ 狙われた黒鍵」「ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛」などの脚本を担当し、弱冠28歳で長編監督2作目となる本作を手がけたデイミアン・チャゼル。

感想

90 100点満点 scored by ultimate-ezセッション

はい、今さらセッションの感想です。
イヤー、すごいすごいとは聞いていましたが、本当にすごかった。
そして何より、思っていたのと大分違う展開の映画でした。

「ラスト9分の衝撃」みたいなキャッチコピーがついていて、音楽をテーマにした映画にそんなミステリーみたいなキャッチコピー?と疑問でしたが、そういうことか!!!
たしかに後半の展開、あれは完全に予想外の衝撃でした。

予告編を見る限り、フレッチャーが鬼教官っていうのは予想通り。
とはいえ本当はニーマンを信頼していて、傍から見れば狂気に満ちたトレーニングでも、本人たちにとっては幸福なもので。
そしてそれを乗り越えたニーマンは音楽の世界で頂点を掴む。

みたいなスポ根映画を想像していたんですが、まさかの裏切り!
フレッチャー、あいつの最後の行動、あれは音楽に対する裏切りというか冒涜というか。
音楽の舞台に私怨をぶつけ若い才能をつぶすって、どう考えてもクズな老害の行動なわけです。
マジか、と。

640

しかし、そこからの展開が凄い。
いや、やってることはドラム叩いてるだけなんですけどね。
そこから起こる奇跡に対してものすごく説得力のあるドラムなんですよ。
みんなから見捨てられ、道を閉ざされたように見えたニーマンが、フレッチャーに仕込まれたドラムで周りを巻き込んでいく。
そうやって生まれた音楽は、悪意に満ちていたフレッチャーの気持ちをも動かし、再びフレッチャーとニーマンが対峙しながら最高の音楽を作り出す。
ものすごくドラマチックな展開で、めちゃくちゃかっこいいんですけど、なんていうかフレッチャー、あんたずるいぜ!

”音楽”を裏切り踏みつけたフレッチャーを、ニーマンの手を借りた”音楽”が許したかのような展開。
”音楽”に人生を捧げてきた過去があったにせよ、”音楽”はフレッチャーに甘すぎるんじゃないかと。
フレッチャーは幸せ者過ぎやしないかと。
そういう不満も感じながら、でも、まあいいか!と思わせるビートとフレッチャーとニーマンの顔。
たまりませんね。

結局は殴りあって汗かいて、いろんなことうやむやになったような気もするけど、まあいいぜ!最高!というスポーツ後のさわやかさを感じるアツい結末でした。

まあ、あれですよね。「理屈じゃねえんだよ!」ってものすごく暴力的な言葉ですが、確かに世界には”理屈”を超える何かがあって、確かにこの映画にはその”何か”が宿ったんだな、と。
音楽に愛され、”何か”を手にする。
音楽にすべてをささげ、それを裏切った直後に”何か”に出合ったフレッチャー。
音楽に全てをささげ、それを諦めた直後に”何か”を引きずり出したニーマン。
全てを捧げた対価ではなく、そういう不確かなタイミングに”何か”は訪れて。
待っていたら絶対に来ないけど、”何か”の魅力を知ってしまえばそこから降りることも許されない。
フレッチャーとニーマンのその後の人生が幸せかはわからないけれど、その瞬間は確かに幸せだったはず。

「ハッピーエンド、めでたしめでたし」ではない瞬間のハッピーエンドを描いた映画としても、このエンディングは神がかってるなーと思うのでした。
僕もまた、いつかそういう瞬間と出会いたいものです。

セッション(字幕版)@amazonビデオ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です