「スターウォーズ/フォースの覚醒」に登場する新ドロイド「BB-8」 のラジコンの可愛さ再現度がヤバい!

IMG_9600

ついに公開されたスターウォーズの最新作「フォースの覚醒」。
当然、全国同時公開の回を観に行って、超楽しくて、超幸せで、早速第2回目の鑑賞としてみなとみらいの4DXの予約を済ませたところなんですが、フォースの覚醒の一番の魅力はなんと言っても「BB-8」です!
これまでの僕の中で最萌ロボだったウォーリー(WALL-E)をぶっちぎる勢いで猛烈に可愛いです!いやー、石原さとみより可愛いっす!!

というわけで、もうあまりに感情を抑えきれなかったので、ラジコンを買ってしまいました。
動いている様子をYoutubeにアップしましたので、まずはこちらをご覧ください!

起動音や会話(?)の音声も楽しめるので、ぜひ音ありで見てもらいたい!
ちなみに、世間的にはスマホでコントロールできる「Sphero」」のBB-8が人気のようですが、これは「Hasbro」というメーカーの製品(日本ではタカラトミーが代理店)。スマホで操作はできないけれど、Sphereのが25,000円くらいするのに対し、こちらは10,000円くらいなのでお手頃です!

いやー、どうですかこの完成度!マジで可愛いです!
どんな仕組みなんだろう?と思う人もいると思いますが、このおもちゃは電池交換の際などに分解できる(というか、箱には分解された状態で入っている)ので、仕組みもよくわかります。

ボールの中身にBB-8の”本体”が入っていて、頭は磁石でくっつける感じ。
IMG_9586

一気に可愛さがなくなりますが、これがBB-8の”本体”です。。。
IMG_9587

“本体”にはボールを回すためのローラーが。「おきあがりこぼし」のようにバランスをとりながら、このローラーで前後に進みます。
IMG_9591

重心の要となる”本体”の下部には単3電池を4本装塡。さらに電池蓋がズッシリと重いのが特徴です。下部にもローラーがあるのがわかります。
IMG_9596

ボールとコントローラーはこんな感じ。なんだかボールがえらく汚く見えると思いますが、これは製品のウェザリング加工です。
IMG_9592

ボールは上下でもって強めの力で回すと上下に分割できるので、中に本体を収納。
IMG_9595

再びボールをカチッとはめ合わせ、ヘッドパーツをのせると完成!!
IMG_9605

本体、コントローラーともに電源ボタンはなく、
起動時:ボールを優しく降って起動(起動音が鳴る)→ボールを平らな面に置いて安定させる→ヘッドパーツを載せる
終了時:ヘッドパーツが付いたままのBB-8を逆さまにしてしばらく待つ
という、特別な動作が必要です。
起動は簡単ですが、慣れるまでうまく電源が切れないのでちょっと大変です。。
5分間放置すると自動的に電源が落ちるので放置しても大丈夫。ただ、放置してから電源が切れるまでの5分間、BB-8が何かと騒ぐので厄介ですが…。

コントローラーは左のボタンの上下、右のボタンの左右の4ボタンで制御。
IMG_9599

左のボタンでBB-8は前進・後進。右にボタンで左右に頭を回します。
組み合わせることで左右の旋回も可能です。

ボールの中の本体が見えないので「今、どっちが前なのか?」がわからないところや、磁石でくっつけているため本体の回転角度と頭の回転角度が必ずしも一致しないことにより、直接タイヤで動く車のラジコンほど思い通りには動いてくれないし、慣れるまではヘッドパーツが落ちることも多いですが、5分も触ると自由に操作することができるようになると思います。
ベースの機構が「おきあがりこぼし」なので、走らせた後に止まると慣性でしばらく前後に激しく揺れます。動いている間は安定しているのでいいんですが、そこがちょっと気になります。

上に貼った動画には起動から各種操作、電源オフまで収録しているので、BB-8の動作が気になる人はチェックしてみてください!

というわけで、約10,000円と決して安いものではない「リモートコントロール BB-8」ですが、この可愛さ再現度の高さを見ていただければ、決して損はしないことがお分かりいただけるのではないでしょうか!

うちは3歳の息子がBB-8を怖がってなかなか遊べず、夜中一人で遊んでいるわけですが、年末年始の休暇には是非BB-8を外に連れて行って、あの”雑すぎる階段降り”を再現したいと思います!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です