Objective-Cに挫折した私の新たなる希望「swift」で”Hello World”してみた!

Hello world

今月最初の週次レビューでやりたいと書いておきながら半月以上も先送りにしていた「swift」の勉強をようやくスタートさせました。

swiftを使うための開発環境である「Xcode6 beta」がまさかの5GB超のサイズで。
Macbook Air使いの私には、その5GBの空き容量を捻出するのが超大変だったんです。。。

結果、EvernoteやGoogleドライブのアプリを削除してWeb版での運用に切り替えたりしながらMacbook Airのダイエットに励み、ようやくXcode6を起動させることが出来ました。

というわけで、早速Swiftで「Hello World」してみましたので、その備忘録を残しておこうと思います。

まずは新規プロジェクトをつくる

スクリーンショット 2014 06 25 22 35 04
単純に「Hello World!!」を出すだけなので、 iOS向けのSingle View Application を選択。

スクリーンショット 2014 06 25 22 40 27
プロジェクト名や組織名等を任意で入れつつ、Languageの項目で Swift を選択。

好きなフォルダを選択してプロジェクトを作る。

この時点でビルド⇛ランすると、真っ白な画面のアプリが立ち上がります。

スクリーンショット 2014 06 25 22 45 09

あとはここに「Hello World」を表示させるだけ!!

ぶっちゃけ「Hello World!!」って表示させるだけならコード1行も書く必要ないんだけど、それじゃあSwiftの勉強にならないので、あえてコーディング!

正直、Xcodeの「storyboard」の機能を使えば画面上に「Hello World!!」を出すだけならプログラミングは不要です。。
でもそれでは意味が無いので、ムダにコーディングをしてみましょう。

ViewController.swiftviewDidLoad内に、以下の一行を書いてみましょう

println("Hello world!!")

で、実行!!
スクリーンショット 2014 06 25 22 53 34

そこじゃねーよ。。。

というわけで気を取り直してしっかりコーディングしてみます。

さっき書いた一行を消して、以下のように書いてみます。
[c]
var hello = UILabel()
hello.text = "Hello World!!"
hello.sizeToFit()
hello.center = self.view.center
self.view.addSubview(hello)
[/c]

やってることは、UIKitのラベル「UILabel」を用意して、文言・サイズ・位置を設定してviewに追加という非常にシンプルなもの。

実行すると、無事に「Hello World」できてる!!

IMG 5298

いやー、お手軽ですね。

実機で動かす時には要注意!

Xcode6ではデプロイのターゲットがiOS8になっています。
現行のiPhone5Sなどは当然「iOS8向けアプリ」は動かないので、ターゲットを変更する必要があります。

スクリーンショット 2014 06 25 23 06 53

これで、実機でもHello World!
写真

という感じで、遅ればせながらようやく僕もswiftデビュー。
Objective-Cがなかなか肌に合わず頓挫していたiPhoneアプリ開発ですが、これを機に今度こそリリースまでたどり着きたいと思います!

そしてあわよくば一攫千金を……

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です