【祝!息子と映画館デビュー】ずっと夢だったんだぜ!!! 映画『れっしゃだいこうしんザ☆ムービー しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合』ネタバレ感想

Poster2

子どもが生まれた時、いや、もっと前の子どもが出来たとわかった時からでしょうか、「いつか子どもとこんなことをしたいな〜」という妄想をいろいろ膨らませていたんですが、本日、その1つが実現してしまいました。
その妄想っていうのは「息子と一緒に映画館で映画を観る」というもの。
先日1歳7ヶ月になった息子が、早くも映画館デビューをかましちゃいました。

もちろん、他のお客さんの迷惑になってまで自分の妄想を実現させるわけにはいかないので、選んだ映画は「照明明るめ」「音楽小さめ」「私語OK!」という子供連れにも安心の映画。
さらにうちの息子は最近ゴリゴリの鉄オタなので、テーマ的にもピッタリの『れっしゃだいこうしんザ☆ムービー しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合』という映画です。
正直、普通に映画好きの人でもなかなか観ようと思わない映画だとは思いますが、僕にとってはこの映画こそが“生涯忘れられない映画”の1本になってしまいました!

作品概要

2014/日本 上映時間:60分
配給:プレシディオ
監督:たにひろむ

<あらすじ>
小さな子どもたちでも楽しめるよう、アニメーションやクイズも交えてさまざまな列車を紹介する「れっしゃだいこうしん」シリーズ第6弾。2014年3月にデビューしたばかりの最新型新幹線E7系「あさま」をはじめ、「スーパーこまち」や「はやぶさ」といった東北新幹線E6系、車両の内外に動物たちのイラストなどがあふれるJR北海道の「旭山動物園号」、熊本の人気ご当地キャラクター・くまモンが描かれた肥薩おれんじ鉄道の「くまモンラッピング列車」など、人気列車や楽しくユニークな列車を紹介していく。

感想

100 100点満点 scored by ultimate-ezれっしゃだいこうしんザ☆ムービー しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合

というわけで、いつもの「映画の感想」のフォーマットで書いてはみたものの、正直この映画は一般的な映画とはだいぶ趣が違います。
点数もつけてますけど、あんまり気にしないでください。

冒頭でも書いたように、照明は明るめ、音声は小さめと小さな子供でもビックリしないように考慮されているし、私語だってOK。
というより、映画内で出されるクイズに対して「みんなでクイズに答えてみよう!」と、むしろ積極的な“声出し”が推奨されるような作品です。
当然、自分以外のお客さんもバンバンしゃべるわけで、子どもの奇声だって聞こえてくるし、「映画」を観る環境という意味ではなかなか劣悪なものがあります。

ストーリーもあるにはあるんですが、アニメーションのクオリティは「そこそこのフラッシュアニメ」程度。
なめらかな動きはなくパラパラ漫画的な動きだし、そもそも「おもしろい」かと言えば、、、どうなんでしょうかね、アレは?
子供向けにしたって、劇場では子どもにすらウケてなかったような。。。。

電車パートは、電車が好きなら問題なく楽しめる作りにはなっているんですが、何かと「くまモン」がフィーチャーされていて。
くまモンにまったくハマっていない僕としては、エンディングにまで絡んでくるくまモンが若干ウザく感じられたりした点も、気になったといえば気になってしまいました。。

でも、いいんです!!
「子どもと一緒に映画館で映画を観る」という夢を叶えてくれる映画というただ一点を持って、この映画は超すばらしい!!
超すばらしいんです!!

はっきり言って、そもそも映画の内容なんてほとんど記憶に残っていなくて。
それは何故かといえば、「スクリーン」ではなく「スクリーンを見つめる息子」ばかりを見ていたから。
そして、60分という映画としては短い尺ながらも1歳7ヶ月の子どもには集中力が続かない時間を、ポップコーンでゴキゲンを取ったりしつつ乗り切ることに一生懸命だったから。
それでも、ポップコーンをむさぼりながらスクリーンをじっと見つめ、たまに「あ!」とスクリーンを指さしながらニコニコしていた息子の顔は、これはもう一生の宝物ですよ!!

E7 large
07 large

というわけで、純粋に「映画」としては決してオススメできる作品ではない本作ですが、僕と同じように「子どもと一緒に映画を観るのが夢」という人にとっては、まさにその夢を実現させるために作られたような本作は超オススメ!
劇場内は子供連れしかいないのでみんな理解はあるし、何より、どの子どもたちも目をキラキラさせながらスクリーンに夢中になっていたのが印象的でした。
まあ、もちろん、電車にまったく興味が無いお子さんには全然響かないとは思うし、逆に電車に詳しすぎる子どもには物足りない内容かもしれません。
前述したようにアニメパートもゆるめです。

それも踏まえて、子どもが3歳くらいになるまで待てないという方にとっての人生初の映画として、これ以外には考えられないというくらいにオススメの一本なのでした。

そんなわけで、あまりに超ステキな体験だったもんで、早くも「次は何の映画を一緒に観ようかなな〜」なんてことを考えてみたんですが、さすがに3歳くらいにならないとまともな映画は観られないかな〜というのが現実で。
一部のTOHOシネマズでは、本作と同じように明るめ照明で子供向けの上映をやってるんですが、2時間近い映画はどう考えてもまだ無理なんですよね。。。
これはもう、本作『れっしゃだいこうしんザ☆ムービー しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合』をもう一度観るしかない!!
字幕版と吹き替え版、IMAXと通常版、3Dと2Dなど、同じ映画のバージョン違いを観たことはありますが、まったく同じ環境で同じ映画を観るのは僕にとっては初体験。
そんな“初体験”を、この映画で経験しちゃうのかも。。
そんなこんなで、本作に対する「一生忘れられない映画」という想いは、さらにもう一段階上がってしまうかもしれません。。

余談ですが、、、

本作は「イオンシネマ」限定で公開されている映画。
みなとみらいのイオンシネマでは、本作の上映に合わせて、神奈川工科大学の鉄道研究部とコラボしたイベントが開催されていました。
子どもたちが運転手さんの帽子を被って、Nゲージの鉄道を運転できるイベントですが、超楽しそうでした。
うちの子はさすがにまだ運転できず。。。でも模型を見てるだけでも超楽しそう!!
IMG 4587

さらに、映画終わりでそのまま「臨港パーク」でピクニック!
IMG 4590
Tシャツはお揃い!ペアルックよ!!

という感じで、子どもと一緒に超楽しい一日が過ごせたのでした。
いやー、どんな些細な事でも、「夢が叶った日」ってのは最高だ!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です