GWを前に、Kindleストアがいろいろアツい!!

ローマは一日にして成らず──ローマ人の物語[電子版]I

ここ一週間くらいKindleストアを覗いていなかったんですが、ゴールデンウィークを前にKindleストアが超盛り上がってるじゃないですか!!

というわけで、
自分が買ったもののメモ&シェアしておきたいと思います。

Kindle版の新刊がアツい!

今までKindle化されていなかった書籍の“大物“が、ついにKindle化!
まずは、これ!

歴史文学の巨匠塩野七生の「ローマ人の物語」がついにKindle化です。
史実をベースに描かれているものの、表現が非常にドラマティックなため、「歴史物ってとっつきにくそう」と思っている人でも非常に読みやすいこのシリーズ。
と言いつつ、途中までしか読んでいなかったのでBOOK-OFFで買ってたんですが、続きがなかなか見つからずいつの間にかフェードアウトしてしまって。。。、これを機に最初から再読してみようと思います。

ちなみに、続く第2巻は5/9に発売予定。
今後も2週間に1冊くらいのペースで刊行されていくんでしょうかね。

そして、もう一つの大物がコレ!

Kindleに手塚治虫作品がキター!!!
全作品というわけではなさそうですが、有名所はかなりそろっている印象。
1冊240~300円程度でお買い求めやすいお値段なのもステキ!
あえて言うまでもなく名作ぞろいですが、実は読んだこと無いよ、という人はこの機会に大量買いしちゃえばいいじゃない!

おすすめ本を貼っていこうと思いましたが、キリがないのでこの辺で!

GWセールがアツい!

新刊のインパクトが強すぎて印象が薄れてしまいますが、ゴールデンウィークセールもなかなかアツいです。

↓コレ。

以下、おすすめ本をつらつらと貼っておきます。

冲方丁が描いた水戸光圀の話。以前読んだ『天地明察』が超面白かったので、これも読んでみようと思います。
ちなみに、その『天地明察』もセール対象に。

映画化もされた歴史小説。超グッとくるアツい話。震えます!
<参考:頭の中がガキのまま大人になってしまったのなら、時代小説を読めばいい! 小説『天地明察』ネタバレ感想|ultimate-ez.com

天才江戸川乱歩の奇書『陰獣』。
江戸川乱歩の悪趣味(ほめ言葉)で倒錯(褒め言葉)した美学の集大成とも言える一作で、日本文学史上トップクラスの“ヤバい本”。
こちらも、このセールを期に再読してみます。

スティーブン・ハンターの『極大射程』。
東西ミステリーベスト100」の海外編第54位、「このミステリーがすごい!」のベスト・オブ・ベスト海外編の第4位に選ばれたミステリーの名著。
購入したのは以前セールになった時で今回購入したわけではないんですが、完全に積読状態なのでこの機会に読み始めようと思います。

2ちゃんねるまとめ等でおすすめ本系のスレで、ちょくちょく名前を目にする本書。
読んだことがなかったので、これを機に読んでみようと思います。

まだ「購入ボタン」を押せてないけど、、、超気になります。。

他にも50円や100円で販売されている本も多数あり、「GWセール」要チェックです!!
※Kindle本GWセール、アフィなしリンクはこちら⇛Kindle本ゴールデンウィークセール:Kindleストア

ちなみに、「極大射程」のメモで触れた「東西ミステリいーベスト100」もついにKindle化。
ミステリー好きは必携のリファレンス本ですので、これも買っちゃいなよ!!

アフィリンクだらけの記事で、こういうの不快な人もいるとは思いますが、あくまで“メモ”ってことで。。
以上、Kindleがゴールデンウィークを前に激アツ!というお話でした。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です