話題のプロジェクションマッピング食玩『ハコビジョン』で遊んでみた。

IMG 6516b

昨年くらいからいろんなイベントで取り入れられ話題になっているプロジェクションマッピング。
そのプロジェクションマッピングが手のひらサイズで楽しめる食玩『ハコビジョン』というものもあり、これまた一部で話題になっています。

第1弾は『東京駅』『国立博物館』という実際に行われたプロジェクションマッピングを再現したものでしたが、第2弾はガンダムとのコラボで、玩具オリジナルのプロジェクションマッピングが楽しめるとのこと。
特にガンダム好きというわけではないんですが、ガンダム版を買うことにしました。(なんとなく!)

“開封の儀”的な!

IMG 6501
IMG 6504

箱はこんな感じ。
ちなみに、この箱こそが「ハコビジョン」を形成する重要な部品なので、「凹み」や「破れ」があるとプロジェクションマッピングの完成度が左右される可能性も。
店頭で購入される場合は、キレイな箱を選ぶことをオススメします。

IMG 6505

箱の中身はこんな感じ。
中身はガンダムのモールドが施されたプラスチックの板(というかフィギア?)と、映像を投影する透明のプラスチック版。
それから「食玩」なので、ガムがひとつ。
“ガワ”をそのまま使う仕様のため、中身はいたってシンプルです。

ハコビジョン、組み立て

まずは箱のフタ部分を切り取ります。
IMG 6507

左右のフラップを中に折り込んで、ガンダムを、、、
IMG 6508

はめ込みます!
IMG 6509

続いて、プラスチック板を設置します。
IMG 6511

両面に保護シートが貼ってあるので、それを剥がして、、、
IMG 6513

置きます。
IMG 6515

あとは、箱の側面のURLにスマホからアクセスすると、Youtubeへリダイレクトされ、対応する動画が流れます。
たぶんUA判定で、アクセスした端末の画面サイズに合わせた動画が流れるんだと思います。iPhoneだとまったく問題ありませんでしたが、Androidの端末などでマニアックな端末をお使いの方はうまくいかないかも。。
何かアプリをインストールさせられたりすることも覚悟していましたが、Youtubeの動画で遊べるというのは、心理的な抵抗が少なくステキですね!

動画の冒頭に、映像とフィギアの位置を調整する静止画像が収録されているので、そこで位置を調整し、あとは映像を眺めるだけ!
6分ほどの長めの動画で、展開にも富んでいるので、想像以上に楽しめました。

実際にプロジェクションマッピングしている様子はこんな感じ!

まとめ

というわけで、想像していた以上にしっかりと作りこまれた映像を楽しめたハコビジョン。
素直に、“楽しい”おもちゃだと思います。

ただ、やっぱり実際のプロジェクションマッピングとは全然違うというのも事実です。
上記したレビューを見ればわかると思いますが、ハコビジョンの映像はあくまで斜めに立てかけたプラスチック板に投影されているだけで、ガンダムのフィギアに投影(プロジェクション)されているわけでは無くて。
厳密に言えば、プロジェクションマッピングではないんです。
もちろん、それが目で見てわからないものだったらいいんですが、やっぱりフィギアと映像の間に“すき間“があることは、見ていても感じてしまうんですよね。。。

あの小ささで“プロジェクションマッピングらしきもの”を再現していることは本当にスゴいことだと思いつつも、プロジェクションマッピングのスゴさを完全に再現出来ているとは言いがたく。。
そのため、「超オススメです!」と推しまくることは出来ないんですが、、、「俺は超楽しめたよ!!」とだけは言えるので、そう言っておくことにします。

俺は超楽しめたよ!!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です