【3月の絵本】1歳半の息子に響いた絵本のまとめ

Trains Board Book

息子が1歳半になり、ずいぶんと絵本を読むようになってきました。
何でも手当たり次第に読むわけではなく、「よく興味を示す絵本」と「そうでもない絵本」といった“好み“がしっかりと出てきたところに成長を感じます。

そういう“好み“の軌跡をしっかりと記録するために。
そして「うちの子は1歳半の時こういう絵本にはまったよ〜」という情報が、同じくらいのお子さんを持った親御さんの参考になるんじゃないかってことで、これから毎月息子がはまった絵本をブログで公開してみようと思います。

もちろん、あくまで「好み」なので、同じ年のお子さんみんなの好みに合うわけではないとは思うので、ご参考までに!
そして、おすすめの絵本があったら是非是非教えてください!

というわけで今月の絵本!

きゅっきゅっきゅ

「ごはんをこぼしたら「きゅっきゅっきゅ」って拭こうね」というお話。
ストーリーとよべるほどのものはないお話ですが、「きゅっきゅっきゅ」という言葉が「リズム」を生んでいて、そのリズムが楽しい様子。
途中で足をこちょこちょする展開があるのも良いみたい。

同じ著者のシリーズで『おててがでたよ』という本もありますが、こちらは少し言葉が多いのかいまいち興味を示してくれませんでした。
まだちょっと早かったかな。

おひさま あはは

みんなが「あはは」と笑う、という絵本。こちらもまた、しっかりとストーリーがあるというわけではありません。
終盤ムスッとした顔の男の子が登場し、「どうしたの?」「どうしたの?」と見開き2回4ページにわたって引っ張っておいて、「あははは!」と男の子が笑って終わり、という「落丁か?」と思えるほどの急展開には驚きました。

「あはは」を連発する展開は読んでいるこちらもハッピーな気持ちにしてくれる絵本。
ほんわかした絵もまたハッピーです。

おいしいな うれしいな

比較的リアルタッチな絵に最初は抵抗がありましたが、“赤ちゃんらしさ“を的確に捉えた絵でもあり、だんだんと超かわいく感じるようになってきました。
絵本の内容としては、「手で食べるのたのしいな!」「スプーンで食べるのうれしいな!」「コップで飲むのたのしいな!」というお話。

この絵本のおかげなのかはわかりませんが、息子が少しづつスプーンを使うようになってきました。
ちなみに『きゅっきゅっきゅ』の時と同じように、同作者のシリーズ作『ばいばい またね』はあまり響かなかったようです。。

しましまぐるぐる

生まれてすぐに買った絵本ですが、いまさらようやくはまってきたようです。
色使いが超かわいくて、多少乱暴に扱っても大丈夫なしっかりとした作りの絵本なのも良いです。
こちらは、同じ著者のシリーズ『あかあかくろくろ』や『けろけろみどり』などにも夢中。

中でも、親子ともども『ぶんぶんきいろ』がお気に入りです。

ちなみに、息子はさいきん“鉄”です。。。

とくに何らかの刺激を与えたつもりはないし、僕自身もそこまで興味がなかったんですが、ここ1〜2ヶ月ほどで、息子は「鉄道」「電車」にドはまりしてしまいました。
それも、「トーマス」や「プラレール」では満足できない本物志向。
最近の一番のお気に入りの玩具が↓コレですからね。。

そんな息子はやっぱりお気に入りの絵本も、そっち系です…。

つうきんでんしゃ

この本がもう、ものっっっっすごい好きみたい。どこに行くにも手放さないし、何十回読んでも毎回同じテンションで興奮しています。
「こっちのほうがかっこいいだろ?」と、『しんかんせん』という本も渡してみましたが、こちらは「好きは好きだけど、、、まあ」くらいのリアクション。

おかげで、僕も東急東横線+乗り入れ戦くらいなら「あ、5050系が来た!」と言えるくらいには詳しくなってきました。

コトコトでんしゃ

上で挙げた「きゅっきゅっきゅ」にも通じるものがあるんですが、これも絵本にリズムがあるのが良いみたい。
やっぱり、まだ1歳半。
物語を追うのはなかなかハードルも高いので、擬音を多用したリズミカルな絵本が受けが良いです。

でんしゃ

グラフィックデザイナー出身の著者らしく、かなりおしゃれな一冊。
ただ個人的には、「ページごとのパースの付け方がバラバラ」なこと、「日本語フォントが適当」なことが超気になってしまいました。
息子が気に入ったのでそれでいいんですが、同じくグラフィックデザイナー出身の天才絵本作家ディック・ブルーナの絵本と比べると、ちょっと不満もある一冊でした。

いやまあ、息子が気に入ればそれでいいんですが。。

最後に、大人である僕がはまってしまった絵本

基本的に絵本は息子のために買っているんですが、読んでみると大人である自分の方がグッと来てしまう絵本があります。

りんごかもしれない

男の子が学校から帰ってくるとテーブルの上に一個のりんご。
「でも、これはりんごではないかもしれない?」と思ったことから一冊まるっと「これは実は○○かもしれない」という妄想を展開させる話。
人間の発想力は無限大であるということを再確認させてくれる哲学書のような一冊。
いわゆる「クリエイティブ」な仕事をしている人であれば、発想の原点を見せてくれるステキな絵本なんじゃないかと思います。

文字も多いし、息子にはちょっと早すぎる内容かもしれませんが、大人のために良い一冊だと思います。

というわけで、、、

この1ヶ月だけでいえば、僕自身より息子のほうがよっぽど読んだ本の冊数は多そう。
素晴らしい!

僕自身の経験上、やっぱり「本」って素晴らしいメディア。それは、これだけデジタル化が進んだ社会においてもブレること無い真実だと思っています。
息子も、「本」が見せてくれる無限の世界観に入っていけるよう、これからもたくさんの本を一緒に読んでいきたいと思います。

もちろん、「アレも読め!コレも読め!」と自分の趣味や好みを強要するのではなく、息子の好奇心をどんどん伸ばしていけるように、ね。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です