[備忘録]iOSシミュレータを単体で起動させる方法。

スクリーンショット 2014 03 30 12 46 28

先日アップした以下の記事の追記です。
[備忘録]XcodeのiOSシミュレータでレスポンシブデザインの表示確認!そしてAndroidの場合のあれこれ。

こたらさんの記事を参考にさせていただいて、「レスポンシブデザインのiPhoneでの簡易チェックはXcodeのiOSシミュレータでやっちゃおう。Androidはエミュレータなのでちょっとめんどくさいよ!」という内容を書いた記事でした。

ただ、便利なのは間違いないんですが、ひとつだけめんどくさいことも。。

それは、ただiPhoneシミュレータを起動したいだけなのに、毎回ムダにXcodeを起動しなくちゃいけないこと。
これ、何とかなんないかな〜と思っていたら何とかなったので、ここに備忘録として残しておきます。

iOSシミュレータをXcodeからじゃなく、単体で起動する方法は

まずは、Finderから「アプリケーション」のフォルダを選択。
右クリックメニューから「パッケージの内容を表示」を選択します。
Ios simurator

すると、「Contents」というフォルダが出てくるはず。
スクリーンショット 2014 03 30 14 15 31

あとは、
/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/
と辿っていけば、、、

いた!
スクリーンショット 2014 03 30 14 18 58

あとはこのアイコンをドックにドラッグ&ドロップして登録しておけば、いつでもシミュレータだけが起動できて便利!

これでまた、MacでのWebデザインがちょっとだけ時短できそうです!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です