ブログのネタバレ記事について。

2014logo s

本日話題になっている以下の記事を受け、当ブログで扱っている「ジョジョリオン」のネタバレ記事についても、一旦掲載をとりやめることにしました。

個人的な感覚では、あくまで僕の感想や考察や見解がメインコンテンツで、ネタバレの部分はあくまで“引用”という認識でしたが、確かに完全純白ではなくグレーゾーンの記事内容だったとも思っています。

上記記事で言及されている「出版社の見解」はやや具体性に欠けていて、都市伝説っぽい語り口であり、実際のところどうなるのかはわかりません。
対象となるサイトも、大規模なまとめサイトが対象なのか、当ブログのような泡沫ブログにまで影響が及ぶのかも不明です。
が、「これはセーフかアウトか?」とギリギリを攻めても仕方ないので、当ブログでもネタバレ記事は基本的に扱わないことにしようと思います。

また、そもそも“ネタバレNG”の範疇がどこまで広がるのかも、現時点では不明。
話題になっているのはあくまで「漫画」が対象ですが、同じ論理で「映画のネタバレ感想」「小説のネタバレ感想」もアウト!となる可能性もあるわけで。
となれば、このブログの記事は、基本的にほぼ全部アウトになってしまう可能性も。。

先月末くらいから続く「2ちゃんねるの転載禁止騒動」の流れで、こういう展開も予想されていて、すでに書き上げた映画の感想記事もアップせずにストックしている状況だったんですが、うーん、今公開するのはちょっと躊躇してしまいます。
個人的な希望としては、「感想」「考察」はセーフというところに落ち着いてもらいたいところですが。。。

まあ、でもね。

「違法アップロードを取り締まってもCDの売上が劇的に回復しなかったように、ネタバレブログを取り締まることが業界のメリットにならないんじゃないか!」みたいなことを言いたい気持ちもあるんですが、それは確かにあまりに一方的な意見。
「漫画」にせよ「映画」にせよ、“ネタバレ記事を読んで満足”となったことが無いかといえば、やっぱりありますからね。
同じように、“ネタバレ記事を読んで興味がわいたので買った”ということももちろんあって、個人的にはそこを強調したいんですが、、、
「ダメ」という意見ももっともなんですよ。

というわけで、「ジョジョリオン」の公開取りやめだけじゃなく「映画」「小説」についての感想も、新しくアップするのは控えようと思います。
少なくとも、状況がはっきりとわかるまでは。

正直、このブログのアクセス数はガッツリと減っちゃうんだと思いますが、ちょうど「ブログ」以外にiPhoneアプリやRailsを使ったwebアプリ作りにも興味がわいていたところ。
先日買ったPhotoshopの使い方も極めたいし、Sassの勉強もしたい!

そんなわけで、当面はブログ熱をおさえて、それ以外の“やりたいこと”に注力しようと思います!
もちろん、それらの“やりたいこと“をやっていく中で得た知識はこのブログの記事としてアップしていくこともあると思いますので、今後とも「ultimate-ez.com」をよろしくお願いいたします!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です