今月の課題図書『映画史を学ぶ クリティカル・ワーズ』

映画史を学ぶ クリティカル・ワーズ【新装増補版】

「映画の感想を綴ったブログです」なんていう説明をしているブログのくせに、最近は育児モードのためめっきり映画館には行ってなかったり。
それならばちょっと違ったアプローチで映画と関わってみようということで、今月の課題図書は映画本を。

ということで、映画史におけるキーとなる技術や表現、それから映画史における重要人物をまとめた本書『映画史を学ぶクリティカル・ワーズ』を読んでみることにしました。

もちろん、「映画のことをもっと知りたい」という目的で読む本ですが、“裏テーマ”的な意味も。
最近、『Vine』を筆頭に動画アプリが世界的なブームですが、そこで人気になっている動画の中には、プチVFXとも言うような、映画黎明期のVFX技法を使った動画が散見されます。
単純なコマ撮りアニメーションや、編集による物体の消失や出現。中にはCGで造られたSFっぽいメカやモンスターを動画に合成するアプリなんかもあります。

映画の技術や表現としては古いものでも、見せ方によっては今だからこそ“新鮮”に映るものはいろいろあるようで。
それを「動画アプリ」として作ってみたら結構面白いアプリになったりするのかな〜なんてことも考えていて。
「アプリのネタ探し」という観点でも、参考になることが多そうな本書を、今月の課題図書にしたいと思います。

『映画史を学ぶ クリティカル・ワーズ』の目次』

  • 第1章[1895年まで] 映画の誕生前夜、「動く映像」への試作期|村山匡一郎
    • 事項
      • 映像
      • イメージ
      • 工学理論
      • 影絵
      • カメラ・オブスクーラ
      • レンズ
      • ファンタスマゴリア
      • 連続写真
      • ゾーイとロープ
      • ジオラマ
      • テアトル・オプティーク
      • キネマトスコープ
    • 人名
      • ジョンヴァニ・バティスタ・デラ・ボルタ
      • アタナシウス・キルヒャー
      • ジョゼフ・プラトー
      • エドワード・マイブリッジ
      • エティエンヌ・ジュール・マレイ
      • エミール・レイノー
      • ジョージ・イーストマン
      • ルイ・エーメ・オーギュスト・ル=プランス
      • トーマス・アルヴァ・エジソン
      • リュミエール兄弟
    • 1890年代の必見映画15
  • 第2章[1895…1900年代末] シネマトグラフの誕生、「驚き」から「物語」へ|村山匡一郎
    • 事項
      • 初期映画/表象モード
      • トリック映画
      • バザールの惨事
      • 聖書映画
      • ブライトン派
      • クロース・アップ
      • ショット
      • 初期興行/映画館
      • ニッケルオデオン
      • 1コマ撮り
      • フィルム・ダール
      • 特許戦争
    • 人名
      • ロバート・ウィリアム・ポール
      • ジョルジュ・メリエス
      • エドウィン・S・ポーター
      • シャルル・パテ
      • フィルディナン・ゼッカ
      • レオン・ゴーモン
      • アリス・ギイ
      • 稲畑勝太郎
      • 駒田好洋
    • 1895…1900年代の必見映画30
  • 第3章[1900年代末…1910年代] パテ社、MPPCなど産業システムの始動期|村山匡一郎
    • 事項
      • 初期の映画論
      • 第七芸術
      • パテント・カンパニー
      • ハリウッド
      • ジャンルの誕生
      • イタリア史劇

      • ディーヴァ
      • 第一次世界大戦
      • カリガリズム
      • 弁士
      • 純映画劇運動
    • 人名
      • デイヴィッド・W・グリフィス
      • トーマス・H・インス
      • マック・セネット
      • メアリー・ピックフォード
      • エルンスト・ルビッチ
      • ヴィクトル・シェーストレム
      • マックス・ランデー
      • ルイ・デレック
      • 牧野省三
      • 帰山教正
      • ヒューゴ・ミュンスターバーグ
    • 1900…1910年代の必見映画30
  • 第4章[1920年代] 夢の工場、アヴァンギャルド、モダニズムの高揚期|奥村賢
    • 事項
      • フォトジェニー
      • リズム論
      • モンタージュ理論
      • 映画眼
      • クレショフ効果
      • トーキー宣言
      • サイレント映画の表象モード
      • メジャー体制
      • スター・システム
      • アヴァンギャルド映画
      • 絶対映画/純粋映画
      • トーキの到来
      • 松竹蒲田のモダニズム
      • 映画雑誌
    • 人名
      • チャールズ・チャップリン
      • アベル・ガンス
      • マルセル・レルビエ
      • セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
      • ジガ・ヴェルトフ
      • ルイス・ブニュエル
      • フリッツ・ラング
      • フリードリヒ・W・ムルナウ
      • ジャン・ヴィゴ
      • ベラ・バラージュ
      • ロバート・フラハティ
      • ジャン・エプステイン
    • 1920年代の必見映画30
  • 第5章[1930年代] 無声映画からトーキーへ、夢と現実の交差|奥村賢
    • 事項
      • 古典的ハリウッド映画
      • 複製芸術
      • ミュージカル映画
      • ギャング映画
      • テクニカラー
      • ヘイズ・コード
      • イギリス・ドキュメンタリー映画
      • 詩的リアリズム
      • ナチス映画法
      • 亡命者のハリウッド
      • 文化映画
    • 人名
      • ウォルト・ディズニー
      • バズビー・バークリー
      • ジョン・フォード
      • ジョン・グリアスン
      • マルセル・カルネ
      • ジャン・ルノワール
      • マルセル・パニョル
      • レーニ・リーフェンシュタール
      • 小津安二郎
      • 溝口健二
      • ポール・ローサ
      • ルドルフ・アルンハイム
      • 中井正一
      • 今村大平
    • 1930年代の必見映画30
  • 第6章[1940年代] 戦争下のプロパガンダ、国策映画時代|西村安弘
    • 事項
      • カメラ=万年筆
      • フィルモロジー
      • プロパガンダと映画戦
      • コンバット・カメラマン
      • ハリウッド・テン
      • フィルム・ノワール
      • ネオレアリズモ
      • 植民地映画
      • 満映
      • 東宝争議
    • 人名
      • アルフレッド・ヒッチコック
      • フランク・キャプラ
      • ハンフリー・ボガード
      • オーソン・ウェルズ
      • ロベルト・ロッセリーニ
      • ルキーノ・ヴィスコンティ
      • アンリ=ジョジュル・クルーゾ
      • ジャン・コクトー
      • キャロル・リード
      • ヨリス・イヴェンス
      • 李香蘭
      • 亀井文夫
      • ジークフリート・クラカウアー
    • 1940年代の必見映画30
  • 第7章[1950年代] 娯楽王国の変調、ハリウッド・システムの凋落期|濱口幸一
    • 事項
      • B級映画
      • SF映画
      • ホラー映画
      • ニューヨーク派
      • 雪解け
      • アンダーグランド映画
      • イギリス・フリー・シネマ
      • テレビの脅威
      • 映画祭
      • 「カイエ・デュ・シネマ」誌
    • 人名
      • マリリン・モンロー
      • ジーン・ケリー
      • ジョン・カサヴェテス
      • アンジェイ・ワイダ
      • ジョナス・メカス
      • ルイ・マル
      • ジャック・タチ
      • ロベール・ブレッソン
      • 黒澤明
      • イジー・トルンカ
      • アンドレ・バザン
      • エドガール・モラン
    • 1950年代の必見映画30
  • 第8章[1960年代] 自由と新しい波の台頭、撮影所システムから離れて|奥村民夫
    • 事項
      • 作家主義(=作家政策)
      • 映画記号学
      • ランガージュとしての映画
      • ポエジーとしての映画
      • スペクタクル
      • ヌーヴェル・ヴァーグ
      • ダイレクト・シネマ/シネマ・ヴィリテ
      • シネマ・ノーヴォ
      • オーバーハウゼン宣言
      • ニュー・アメリカン・シネマグループ第一宣言
      • 撮影所システムの凋落
      • アメリカン・ニュー・シネマ
      • ラングロワ事件と5月革命
      • ヴェトナム戦争
    • 人名
      • スタンリー・キューブリック
      • イングマール・ベルイマン
      • フェデリコ・フェリーニ
      • セルゲイ・パラジャーノフ
      • ジャン・ルーシュ
      • アラン・レネ
      • ジャン=リュック・ゴダール
      • フランソワ・トリュフォー
      • ピエル・パオロ・パゾリーニ
      • グラウベル・ローシャ
      • 大島渚
      • 小川紳介
      • 松本俊夫
    • 1960年代の必見映画30
  • 第9章[1970年代] ニュー・ハリウッドの誕生、香港、インド映画の台頭|濱口幸一
    • 事項
      • ソニマージュ
      • フェミニズム
      • 精神分析
      • 視覚的快楽
      • テクスト理論
      • 第三の意味
      • イデオロギー装置
      • ニュー・ジャーマン・シネマ
      • ポスト・ヌーヴェル・ヴァーグ
      • 実験映画
      • ポルノ解禁/レーティング・システム
      • 映画学校
      • カンフー映画
      • ロード・ムーヴィー
      • 日活ロマン・ポルノ
    • 人名
      • フランシス・F・コッポラ
      • スティーヴン・スピルバーグ
      • ジョージ・ルーカス
      • ヴェム・ヴェンダース
      • ベルナルド・ベルトルッチ
      • アンドレイ・タルコフスキー
      • テオ・アンゲロプロス
      • ブルース・リー
      • 寺山修司
      • ウディ・アレン
      • ジガ・ヴェルトフ集団
      • ユルマズ・ギュネイ
      • キン・フー
      • リノ・ブロッカ
      • ノエル・バーチ
      • ピーター・ウォーレン
    • 1970年代の必見映画30
  • 第10章[1980年代] マルチプレックス化と多様なビジュアライゼーションの実験|石原陽一郎
    • 事項
      • ポスト・モダニズム
      • シミュラークルとシミュレーション
      • ニューヨーク・インディーズ
      • ブラック・ムービー
      • パニック映画
      • 中国語圏映画
      • ビデオ産業と衛星放送
      • ミニ・シアターとシネマ・コンプレックス
      • 角川映画
      • ジャパニメーション
      • 東西冷戦構造の崩壊
    • 人名
      • ジム・ジャームッシュ
      • デヴィッド・リンチ
      • スパイク・リー
      • 候孝賢
      • 張藝謀
      • リュック・ベッソン
      • レオス・カラックス
      • アキ・カウリスマキ
      • ペドロ・アルモドヴァル
      • ピーター・グリーナウェイ
      • ジャン=マリ・ストローブ
      • クシシュトフ・キュシロフスキ
      • トリン・T・ミンハ
      • ジル・ドゥルーズ
    • 1980年代の必見映画30
  • 第11章[1990年代] 空前のインディーズ・ブーム、そして新しい世紀へ|石原陽一郎
    • 事項
      • 多文化主義
      • ポスト・コロニアリズム
      • デジタル理論
      • イギリス・ルネッサンス
      • イラン・ニューシネマ
      • 韓国映画の躍進
      • ドグマ95
      • イスラムと華僑
      • 個人映画
      • CG技術
      • フィルムとビデオ
      • 日本映画の多様性
    • 人名
      • ケン・ローチ
      • ラース・フォン・トリアー
      • アッバス・キロアスタミ
      • モフセン・マフマルバフ
      • アレクサンドル・ソクーロフ
      • フレデリック・ワイズマン
      • クエンティン・タランティーノ
      • 北野武
      • 宮崎駿
      • 押井守
    • 1990年代の必見映画30
  • 第12章[2000年代] 情報社会の幕開けとと液状化するリアリティ、ハリウッドの苦悩|石原陽一郎
    • 事項
      • 9.11とアメリカ映画
      • インターネットと映画
      • 3D映画の進化
      • ドキュメンタリーの多様性
      • ピクサー
      • ニューメディア理論
      • フィルム・コミッションとコミュニティ・シネマ
      • テレビ局政策日本映画
      • ルーマニア映画の台頭
      • 東南アジア諸国映画の活況
      • 文化芸術振興基本法と本映画の再生のための提言
      • 日本の大学映画教育
      • 若手女性監督の躍進
      • アニメの成熟
    • 人名
      • クリント・イーストウッド
      • ガス・ヴァン・サント
      • ウェス・アンダーソン
      • ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ
      • ペドロ・コスタ
      • 黒沢清
      • ジャ・ジャンクー
      • ジョニー・トー
      • ポン・ジュノ
      • ジャック・ランシエール
    • 2000年代の必見映画30
  • 第13章[2010年以降] 立ち上がるソーシャルとクラウド、デジタル時代の新たな地平|石原陽一郎
    • 事項
      • 3.11と日本映画
      • クールジャパンと日本映画の世界戦略
      • フィルムの終焉と興行の変化
      • デジタル・リマスター
      • ソーシャルメディアと映画
      • クラウドファンディング
      • モバイル機器と映画
      • 著作権とデジタル時代の諸問題
      • マルチチュードと公共圏
      • 原発と映画
      • 検問強化の動き
      • 若手インディペンデント映画シーンの活況
      • 観客(オーディエンス)のライブ至高
      • アニメーションのデジタル技術
    • 人名
      • 園子温
      • デヴィッド・フィンチャー
      • ミヒャエル・ハネケ
      • アピチャッポン・ウィーラセタクン
      • ワン・ビン
      • テレンス・マリック
      • ダーレン・アロノフスキー
      • クリストファー・ノーラン
      • 松江哲明
      • 細田守
    • 2010年以降の必見映画15

大量の映画を見続けるのとはまた違ったアプローチで、映画通を目指すのも楽しそうってもんです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です