アリーヴェデルチ!(さよならだ)『超像可動「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 43.スティッキィ・フィンガーズ・セカンド』

久しぶりの超像可動のレビューです。

小さい子どもがいると、おもちゃの写真を撮って、写真をちょろっと修正して、レビューを書いて、というのがなかなか大変で。
気づけば1年近く前に発売されたフィギアのレビューになっちゃいましたが、まあ、せっかく写真も撮っていたわけなんで、淡々と続けていこうと思います。

というわけで、超像可動レビューの復帰記事第1弾は『スティッキー・フィンガーズ・セカンド』
毎月発売される超像可動シリーズですが、僕は第5部だけを集めておりまして。
ただ、「セカンドカラーってどうなんだろうな〜。ただの色違いだしな〜。」なんて躊躇していたわけですが、何だかんだで結局購入しちゃいました!

まずはフィギアを取り出してみた。

今回の箱の色は「ほぼマゼンダよりの紫」
セカンドカラーとはいえ、結構イメージと乖離した色です。まあ、これはこれで超かっこいいですが。

当然ですが、箱の大きさは「ファーストカラー」とまったく一緒。
左上の「限定版」の文字にちょっとだけテンションが上がります。

ちなみに、「ファースト」との唯一の差分である「台詞パーツ」は、二重底になった部分に格納されていました。
台詞はもちろん、「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ」

フィギアは「赤紫」「シルバー」のツートンカラー。金具等の「金色」と、頭部のトゲトゲとあごの「青」がアクセントカラーになっています。

ファーストカラーの「白」が「銀色」に置き換わったことでメタリックな質感がかなりアップした印象。
また、頭部のトゲに色がのったことで、ファーストカラーよりもかなり派手になっています。
ただ、全体の配色のバランスはまったく同じため、劇的に印象が変わったとは言い難い感じ。
「せっかくのセカンドカラーなんだから、もう少し大胆な配色にして欲しかった!」なんて野暮なことを思っちゃったりもするのでした。。

可動範囲はファーストとまったく一緒。相変わらず、あらゆるところがよく動きます!

オプションパーツで遊んでみた。

オプションパーツは基本的には「ファーストカラー」と同じ。
ただ、前述したように「台詞プレート」と、「台詞プレート用のスタンド」が追加されています。

まずは頭部パーツ(ノーマル)はこんな感じ。

続いて、頭部パーツ(叫び顔)。

(相変わらずやけにリアルな口内表現が生々しい!)

続いて、伸び縮みする右腕!

長い支柱を使うと、、、

さらに、カーブした支柱を使うと、、、

やっぱり「カーブした支柱」が一番表現力があり、使い勝手が良い!(というよりそれ以外の支柱はいまいち使い道が…。)

セカンドカラー唯一の追加パーツである「台詞パーツ」!!

ポーズをキメて使えば、確かに雰囲気が出ますね。

いろいろとポーズをつけてみた。

コミックス48巻での初登場シーン。
グァシィィン ドド ドド!!

「うおおおりゃああああああああああ」
ゴオォアッ

バガア!!

ボゴオォ
「おづえぇ!」

「何をやったってしくじるもんなのさ ゲス野郎はな」
ズボアッ ドゴ ドゴ ドゴ

ちなみに、こっそりファーストカラーの右手を借りちゃうと、こんなこともできちゃうんだぜッ!

総括

というわけで久々の超像可動レビューでしたが、いかんせん、セカンドカラーってやっぱり若干新鮮さに欠けてしまって。
特にオプションパーツ的にもあまり“遊び”の要素が多くない「スティッキー・フィンガーズ」だったということもあり、満足度はいまいち低めのアイテムでした。
とはいえ、今後もセカンドカラーのアイテムが発売されたら買ってしまうんでしょうし、ワンフェス限定などのセカンドカラーにまで手を出したい衝動に駆られていたりもするんですけどね。。。

まあ、何事もほどほどに。お小遣いの許す範囲で今後もフィギアを買っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です