今週のKindleセールはやや不作な感じ!それでもまあ、おサイフに優しめ週間ってことで。

最近は会社への通勤時間に洋書を読んでいて読書スピードが大幅に落ちているせいもあり、すでに本を読む量よりも買う量の方が大幅に上回っていて、猛スピードで積読が増えている感あふれる今日このごろ。
それでも、Kindleセールなるももの存在が、僕のサイフの紐をゆるゆるにしてしまっています。
いや〜、Kindle恐るべし!

そんなわけで、毎週お楽しみのKindleセール。
今週はちょっと不作な感じもありますが、それでも「買うべき本」がラインナップされていました。

まずは、毎度恒例の『東西ミステリー』『このミステリーがすごい!』の掲載本のチェック。

今月は、この1冊だけでした。

2009年版国内編第1位の作品です。
<参照:「このミステリーがすごい!」2009年版リスト
正直なところ、伊坂幸太郎さんはあまり好きな作家ではないんですが、それでも「このミス!」の1位と言われると期待せざるを得ません。
まして、柳広司の『ジョーカーゲーム』や、湊かなえの『告白』、さらに貴志祐介の『新世界より』なんていう作品を押さえての1位ですからね。
これは期待するなっていうのが無理ってもんです。

それにしても、伊坂幸太郎さんの作品は順調にKindle対応が進んでいる様子。
一方、宮部みゆき・東野圭吾という近年のミステリーの二大巨頭はまだまだKindle化が進んでいないようです。

僕は、もはや「よっぽどのことがない限りKindleでしか本は読まない」というスタンスで。
さらに電子書籍に対する東野圭吾さんの超保守的な考え方にかなり不信感もあったりするもんで、これから先、東野圭吾作品を読むことはないのかもしれませんが、せめて宮部みゆきはKindleにガンガン対応してほしいな〜と淡い期待を募らせているんですが、、、どうなんでしょうねぇ。。。

さらに、今月はこれも買うべき!!

今月もう一冊購入したのがコレです。

ガッツリTOEIC本です。
最近は洋書の児童書を読んでいて、「しっかりと英語を勉強する」よりも「英語に対する接触回数を増やす」という感じで、「ある程度身についた英語力を鈍らせない」ために、マイペー図で英語を勉強中です。

ただ、最近になって、社会的にTOEICの点数は2年毎に再受験してメンテしていくみたいなノリがあることに気がついてしまいまして。
前回のTOEIC受験から2年を過ぎてしまったので、そろそろTOEICを受験して、スコアをアップデートしようと思っています。

そんなタイミングでTOEIC本がセール対象になっていたので、そりゃあ買ってしまいますとも!
具体的にスケジュールは決めていないものの、ぼちぼちTOEICを受験してみようと思います。
その前に、この本でお勉強!お勉強!

というわけで,,,

今月買うべきはこの2冊のみ。

なかなか不作な週ではありましたが、「TOEIC本」の方はかなり評価が高いみたいなので、しっかりと読み込んでTOEICに臨みたいと思います。

そのためには、まずにより先に、、、申し込み!!

そのためにはまず、運営だな〜。」

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です