そろそろ「ミステリー好きはKindleを買うべきだ!」と断言してもいいのかもしれない。

Kindleを使い始めて2ヶ月がすぎ、まだまだKindleストアのコンテンツ不足に不満がありつつも、先週・先々週とセール中の本を買って積んでしまっています。
<参照:今日のKindle本セールがアツい!!このミス2013海外編第1位の『解錠師』が78%オフってヤバい!!
<参照:なんだかんだ言いつつも、やっぱり今週もKindleセールがアツい!!

そして、今週もやっぱりセール中の本にグッと来る本が見つかりまして。
いや~、毎週「ミステリー」の新旧の名作が少なくとも一冊はセール対象になっているのが本当にアツい!
これはもう、「ミステリー好きのヤツはKindleを買っても絶対に損はしないぜ!」と断言できるレベルだと思いますよ!

というわけで、今週もKindleセール本の中から思わず買ってしまった本を紹介したいと思います。
だれかの参考になれば幸いです!


まずはコレ!

来ました!世界最強ミステリー!!

最近、僕はいつの日か「ミステリー通ぶる」ことを目標に、『東西ミステリーベスト100』という本をリファレンスにミステリー本を読み漁っています。
先日、横溝正史の『獄門島』を読んだんですが、獄門島は『東西ミステリーベスト100』の国内編第1位、つまりは”国内最強ミステリー”!
そして、この『そして誰もいなくなった』は海外編の第1位。
つまり、言うなれば世界最強ミステリーというわけです。
これが310円で買えるってんだから、これは買わないわけにはいきませんよ!

ミステリー好きを自称しながら、『そして誰もいなくなった』だけじゃなく、アガサ・クリスティーの本を読んだことがない僕としては、これこそが今週のマストバイ!
この機会にしっかりと読んで、「ああ、クリスティーね。高校くらいの時読んだわ〜」みたいな顔をして生きてゆきたいと思います。

◆関連記事
思わずKindleを買ってしまったすべてのミステリーファンに捧ぐ!Kindleで読める「東西ミステリーベスト100」
“国内最強ミステリー”の看板に偽りなし! 小説『獄門島』(横溝正史)ネタバレ感想


続いて、コレ!

「<ミレニアム>三部作」の1作目。文庫版では上下巻にわかれていましたが、Kindle版では合本化。
京極夏彦の本なんか、逆に「Kindle版の方が巻数が多く、合計すると文庫版よりも値段が高くなる」という怪現象が起きていますが、ミレニアムは合本+セール。これは神対応としか言いようがありません!

もちろん本作もミステリー好きには重要な作品。
「<ミレニアム>三部作」という扱いで、『東西ミステリーベスト100』の海外編12位!
さらに、『このミステリーがすごい!』の2010年版海外編の第2位!(三部作の残り2つもベスト10入りしてます!)

デヴィット・フィンチャー監督の映画『ドラゴンタトゥーの女』も最高に面白かったわけですが、原作はかなりの長編なのでカットされた場面も多数あるはず。
映画を観ていたとしても、原作も読むべき!!

◆関連記事
思わずKindleを買ってしまったすべてのミステリーファンに捧ぐ!Kindleで読める「東西ミステリーベスト100」
思わずKindleを買ってしまったすべてのミステリーファンに捧ぐ!Kindleで読める「このミステリーがすごい!」歴代ベスト10作品!(2001〜2013)


そして、コレ!

館モノの本格ミステリーのイメージが強い綾辻行人が書く学園が舞台のミステリー・ホラー。
こちらは『このミステリーがすごい!』の2010年版国内編の第3位です。

アニメ化されて話題になったので既に読んでる人も多いかもしれないし、イマイチ評価も高くなかったりするんですが、ま、あの綾辻行人の作品ですからね。
まあ、つまらないわけはありませんよ。

上巻のみのセールということで、『ミレニアム』の神対応と比べると見劣りする部分もありますが、それはそれとしてセールがアツいってことには変わりないわけで。
これまた「買い」の一冊なのは間違いありません!


最後は全然ミステリーじゃないんですが、、、

僕も先日31歳になって、そろそろいい加減「ビシネス書」的な本も読んだほうがいいんじゃないかと思いつつ、ついついミステリー小説ばかりを読んでしまう毎日。
でも、これなら読めるんじゃないかという気がします。

iPhoneやMacでお馴染みのアップルという会社を象徴する「Think Simple」という考え方についての本で、アップルのイノベーションの秘密が書かれているんだと思います。(たぶん!)

本書が爆発的に売れた昨年、仕事で「デザイナーがデザイン案を1個しか用意してない」という事例が多発して、その原因が本書にあるんじゃないかというまことしやかな噂があったりもして。
<どや顔でしょうもないデザインを一個だけ持ってくる、シンプルを履き違えたアイツ>の顔が浮かんできそうで怖いんですが、コレを気に読んでみたいと思います。

そして、このブログで毎回クソ長い駄文をアップしてしまう悪癖を「シンプル化」できたらなな〜などと考えているんです!

というわけで、今週もセール本から4冊お買い上げ。
「コンテンツ不足」を嘆くわりに着々と未読本が積み上がっている現状ですが、まあ、それはそれであまり気にせず、気ままなKindle読書ライフを満喫したいと思うのでした。

いや〜、いつの間にか毎週Kindleセールのラインナップが楽しみで仕方ないっすわ。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です