今日のKindle本セールがアツい!!このミス2013海外編第1位の『解錠師』が78%オフってヤバい!!

先日、「Kindle Paperwhiteを1ヶ月半使ってみて、「ここがちょっと・・・。」と思うところ。」というエントリーで、Kindleに対する若干ネガティブな意見を書いてしまったんだけど、その中で「Kindle本のランキングはセール商品ばかり上位に来るから、良い本が探しにくい!」的なことを書いてしまった。
でも、正直なところ、セール大好きです。セール最高!

そんな「Kindle本セール」のページですが、30冊前後の本がライナップとして並んでいて、(紙の本の定価と比べて)最大75%オフという大盤振る舞いをしてくれるKindleユーザなら必見のページ。
ラインナップはだいたい週一くらいのペースで入れ替えられていて、たまに覗いてみると「ああ、そうそう、この本読みたかったんだった!」というような絶妙な本が見つかるもので。(ホントに、無数の本の中からよくこの30冊を選ぶな〜という絶妙さです。)
そして、値段がかなり安いため、思わず1クリックしてしまうんですよ。
そりゃあ、セールの本がランキング上位に上がってきますわ!

そんなわけで、「ランキング使えね〜」なんてことを書いたものの、その実「Kindle本セール」のページをブックマークしている僕は、割りと頻繁にこのページを覗いては、気になる本をセール価格で購入していたわけです。

そして、今日も同じようにセールのページを覗いてみたんですが、、、今日のラインナップはヤバい!
「少しでも多くの方とこの喜びを共有したい!」「今日のセールに気づいていない人に伝われば!」ということで、今回のセールで買うべき3冊のKindle本を紹介させていただきます!

まず、目玉はコレ!

先日発表された「このミステリーがすごい!」通称「このミス」の2013年・海外編第1位の作品。
Kindle対応済みの「このミス」歴代ベスト10を読み漁っている僕としては、コレは絶対に買いの一冊。
値段も、紙の本の定価が1,890円のところを425円!実に78%オフという出血価格。
基本的に、一般の書店で本が安くなることはないし、海外ミステリーってブックオフなんかにもあまり揃っていないので、コレは「買い」でマチガイナイ。本当にありがたいッス!

2冊目はこれ。

僕はKindleで洋書の多読にチャレンジ中なんですが、多読をやっている人なら読んでない人はいないんじゃないかってくらいに絶賛されている児童書がこの『HOLES』。
超初心者から中級者へとつなぐための一つのマイルストーンとして購入してみた。
まあ、今は超簡単な児童書から読み始めているので、本作に手を付けられるのははしばらく先になるかもしれないけれど、「これも決意表明の一種」とい気持ちで購入です。
こちらも647円のところが231円!64%オフとかなり格安。
しかも、洋書を売っているリアル店舗では647円ですら買えないことが多く、1000円以上の値段のこともしばしば。
そう考えると、ここでKindle版を買うのがコストパフォーマンス的にもベストなのかも。

そして、最後が伊藤計劃の『ハーモニー』。

一昨年、『虐殺器官』にハマってしまったにもかかわらず、こちらはまだ読んでいなかった。
元々気になっていた本だったこともあって、またもや即1クリックしてしまいました。。。
値段も756円286円!と、こちらも62%オフ
さすが、現時点でのKingle本ランキングでも1位です!
まあ、確かにこれは買いますわね。

以上、3冊お買い上げ。
先日は散々と不満も書きましたが、この3冊が1000円以内で買えるのはKindleのおかげです。ありがとうKindle!
そして、Kindleユーザーの皆様!少なくとも『解錠師』は買うべき本で間違いないと思いますよ!!

というわけで、ステマなしの真面目なオススメ本紹介記事でした。
さーて、読むぞーーー

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です