Androidアプリ『Jango Radio』のプロモーション画像がイケてる!というお話。

Google play logo1
僕は「Androidアプリ」関連の仕事をしていて、ちょこちょこと「Google Play(Googleが提供しているアプリ&映画&電子書籍屋さん)」を眺めて暮らしているんだけど、そこでイケてるデザインを見つけたのでちょっとご紹介。

ちょっと前置きの説明をしておくと、Android向けのアプリを作ってGoogle Playで公開したいと思った場合、アプリ以外にもいろいろと用意しなければいけないものがある。
「アプリの説明文」や「高画質版のアイコン」に「スクリーンショット」などなど。
そして、その中の一つに「宣伝用画像(Feature Graphoc)」と呼ばれている画像がある。

これは、Google Play上のアプリのダウンロードページ上で非常に目立つ大きな画像だ。
Skitch
パズル&ドラゴンズ

ちなみに、「宣伝用画像」は絶対に必要なわけではなくて登録は任意なんだけど、登録しないとスカスカ感が出てしまう。(こんな感じ↓)
Screenshot3
うんこ育成シミュレーター Mobile

そのため、ちゃんとプロモーションされているアプリの場合、基本的には「宣伝用画像」が登録されているものだ。

そして、『Jango Radio』というアプリの「宣伝用画像」がイケてる!というのが今日僕が言いたいことなんです!
「イケてる!」というか、「気が利いてる!」というか、「巧い!」というか。

その宣伝用画像っていうのが、コレ↓
Screenshot

おわかりいただけるでしょうか?
画面を横断する緑色の帯が目につきますが、これはGoogle Playのデザインとつながって見えるように、宣伝用画像がデザインされているんです!
Screenshot4

その結果、画像内のスマートフォンが飛び出して見えるという、トリックアート的なインパクトが生まれているというわけ。

先ほどの『パズル&ドラゴンズ』の宣伝用画像と並べてみると一目瞭然。
Screenshot Screenshot2


いや〜、こういう遊び心、ステキです!!

まあ、この画像が表示されるページはアプリの詳細ページなわけで、コレを見るユーザーは何らかの形で『Jango Radio』というアプリを知っている人。
そんな人に対して「遊び心のある広告画像」を見せることでアプリのダウンロード数にどれほど貢献できるのかは不明ですが、こういう気の利いたデザインができる人になりたいものです。

あ、ちなみに、『Jango Radio』というアプリは洋楽専用のネットラジオといったアプリで、アプリ自体もかなりイケてる。
無料アプリなので、洋楽好きでまだ持っていない人がいたら、超オススメしておきます!

Jango Radio – Google Play の Android アプリ
Jango Radioのダウンロードページ

というわけで、たまにはこういう“発見”を共有できるようなブログにもしていこうかなー、なんてことを思って、こういうブログも書いてみた。
これからも、「イケてる!」「気が利いてる!」「巧い!」と思えるデザインを見つけられるように、アンテナを伸ばしておきたいものです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です