正直全然おもしろくない!だがしかし、僕はこの映画をもう一度観たいし、なんならDVDを買ってもいいとすら思っている。 映画『クロエ』ネタバレ感想

クロエ [Blu-ray]

アマンダ・セイフライドの目力がハンパないジャケットについつい惹きこまれ、思わずレンタルしてしまった本作『クロエ』。
お話そのもについての感想としては、ブログのタイトルにもあるように全然おもしろくはなかったんだけど、まー、アマンダ・セイフライドがかわいくてセクシーでたまんなくって!
同じく彼女が出演している『TIME』って映画も、彼女の魅力以外に褒めどころのないような作品だったけど、『クロエ』はそれ以上に彼女の魅力”のみ”で成立している映画。
ただ、その魅力が圧倒的すぎて、結果的には「うーんブルーレイを買ってもいいかもしれん。」とまで思ってしまう作品でした。

作品概要

2009/カナダ・フランス・アメリカ合作 上映時間:96分 R15+
原題:Chloe
配給:ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオン
監督:アトム・エゴヤン
出演:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド

<あらすじ>
大学教授の夫と息子の3人で幸せな人生を歩んできたキャサリンだったが、ある日、夫の携帯電話に教え子との浮気を思わせるメールを見つけてしまう。疑心暗鬼にかられたキャサリンは、偶然知り合った若く美しい娼婦のクロエに夫を誘惑させ、夫がどんな行動を取るかを報告させようとするが……。

感想

35 100点満点 scored by ultimate-ezクロエ

※今日のブログ記事は、本当に読んで得るものが皆無な内容になっています。じゃあいつもの記事には何か得るものがあるのか?と聞かれると、まあ、それも胸を張って「あります!」と言えたもんではないんですが、今日の記事は格別に駄文なので、ご注意ください。

というわけで、本作はきっと、アマンダ・セイフライドにグッと来ない人にとっては、何の感想も持ち得ないような映画。
ネタバレしつつあっさりとあらすじを書くと、、、

大学教授の夫と幸せな暮らしをしていたキャサリン(ジュリアン・ムーア)が、夫の携帯電話に「浮気」を予感させるようなメールのやり取りを発見したところから疑心暗鬼に陥っていくというのがメインストーリー。

元々、中年になり「おっさんの色気」でより魅力的になっていく夫に対し、自分は劣化していくだけだというコンプレックスを持っていたキャサリンは、たまたま知り合った娼婦のクロエ(アマンダ・セイフライド)に夫を誘惑させる。
まあ、要するにロンドン・ハーツのブラックメール的な企画で夫を試すことにするわけです。

若くて魅力的なクロエの誘惑に夫は簡単にひっかかり、どんどんその関係を深めていくんだけど、嫉妬に悶えるキャサリンとそれを慰めるクロエはなぜかその流れで肉体関係へ。

しかし、実はクロエと夫に性的な関係はなく、すべてクロエの嘘だったことが発覚!
実はクロエはキャサリンに対して恋愛感情を持っていて、キャサリンの心の隙をついて既成関係を築くべく、夫との嘘の情事を報告していたのだ。
同性での行為に一時はノリノリになってしまったキャサリンも、クロエの嘘と、夫を信じきれなかった自分に憤慨。
クロエとの関係を一方的に解消するも、それを認めきれないクロエはストーカーへ転身。

なんとかキャサリンとの繋がりを持とうと、クロエはキャサリンの息子(中学生or高校生ぐらいの若造)を誘惑しセックス!!
息子にまで手を出されたキャサリンはブチ切れ、言い争いの果てのなんやかんやで、自宅の窓からクロエを突き落とし(まあ、故意ではないんですが)死なせてしまう。

まあなんやかんやあって人一人死んじゃったのはまあ悲しいことだけど、夫は浮気はしてなかったし良かったわぁ。と、幸せそうに家族と過ごすキャサリンの髪にはクロエとの繋がりを象徴する髪飾りが、、、という変な余韻だけを残して、映画は終わる。

しかしまあ、クロエちゃん。娼婦でレズビアンでストーカー気質って、掴みどころがなさすぎるな・・・。

Chloe sub1 large

とまあそんな感じで。
どっからどう見ても「昼ドラ」風というんでしょうか、安っぽいエロ展開にゲンナリしてしまうようなお話でした。

クロエがついていた嘘(夫とのエピソードがすべて作り話)がバレるところで話自体が大きく動くんだけど、それも「誰がどうみてもクロエが嘘を付いているのはバレバレ」という、非常にわかりやすくて親切すぎる演出のため、特に驚きもないし。
序盤から執拗にアピールしていたクロエの髪飾りというアイテムを使って”含み”を持たせたようなエンディングも、「なんとなく余韻を残したい」っていう意図が伝わってくるだけで、正直よくわかんない終わり方だし。

ストーリーに関しては「褒めたいところが一つも見つからない」というレベルかなーというのが個人的な印象だった。

それでも、冒頭に書いたように僕はこの映画をもう一度見たいし、なんならブルーレイを欲しいとすら思っているわけで。

それはひとえにアマンダ・セイフライドの魅力なんですよ!!
いや、もっと正確に言うならば、「アマンダ・セイフライドは顔が超かわいいのに、そんな顔に不釣合いなおっきいおっぱいが見れるから」という点に尽きるんです!!!

なんていうか、ああいう「モデル系の顔」の人って胸がまっ平っていう先入観があったんですけど、いやー、まさかのナイスおっぱい!!
ナイスおっぱい!!いいね!

それを惜しげもなく見せてくれる上に、中年男性との濃厚なプレイ(もろもろオプション付)⇒中年女性とのガチレズプレイ⇒少年との痴女プレイと、カラミのバリエーションも豊富。
特に最後の少年とのカラミは、「愛する人の家で、その人の息子と行為に及ぶことで擬似的な性行為を代替する」という、相当にイかれたプレイ。
それに興じるクロエのゆがんだ色気は、本当にたまらないものがある。
もちろん、同じR15指定の映画の中にはもっと過激なカラミがある映画は腐るほどあるんだけど、演じているアマンダ・セイフライドのルックスのレベルを考えると、これはもう「ありがとう!!!」と思わずにはいられないのだ。

せっかくなので、もう一度言っておこう、「ありがとう!!!」

20 in front of the camera large

思い返せば、「話は全然おもしろいとは思わないが、出演している女優がかわいいからこの映画はもう一度見たい!」と思う映画というのは数年に一度登場するもので。
僕の中で、その最たるものは『プラダを着た悪魔』。
あの映画のアン・ハサウェイは人類史上最もかわいい女性だと真剣に思っています!

そして、この『クロエ』という映画は、僕の中では『プラダを着た悪魔』に次ぐ映画になったかもしれない。
この映画のアマンダ・セイフライドはそれほどにかわいくて、そして、ナイスおっぱい!なのだ。

というわけで、結果的に「Yes!ナイスおっぱい!」というアホ丸出しの感想でもって、この映画の感想を締めくくりたいと思うのでした。

まあ、全くの余談ですが、
10月に息子が生まれて、僕も「父親」になったわけで、徐々に父親の自覚なるものが芽生えてきたかもしれないなー、なんてことを考えていたりもしたんですが、こんな文書を書いているようでは、どう考えても絶対にダメだよなー、と思うのでした。

D13 1288 large

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です