「白黒」で「サイレント」でクラシカルな“現代映画” 映画『アーティスト』ネタバレ感想

Artist01第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門を受賞。しかもフランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作ということでかなり話題になった本作。
ものすごい「映画愛」が予告編からも伝わってきて、間違いなく面白いんだろうなぁと思いつつも、白黒サイレントってところに引っかかり、公開中にはついに観に行かなかったんだけど、いや~、もったいなかった!!

白黒・無声ゆえに名画感をビンビンに醸し出しつつ、あくまで現代の娯楽映画として成立させるため、話自体は思いの外わかりやすい。
映画の雰囲気を十分に堪能し、クラシカルな名画を観たという充実感を味わえる。そんな素敵な映画でした!

作品概要

2011/フランス 上映時間:101分 G
原題:The Artist
配給:GAGA
監督:ミシェル・アザナビシウス
出演:ジャン・デュジャルダン, ベレニス・ベジョ

<あらすじ>
舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。無声映画に固執し続けるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。

感想

83 100点満点 scored by ultimate-ezアーティスト

上述の通りこの映画の醍醐味はなんといっても、クラシカルな名画を観たという充実感なんだけど、普通に考えれば、「じゃあ黙って古い映画を観ればいいじゃん!」と思わなくもない。
それでも、『アーティスト』じゃなければダメな理由は、やっぱりこの映画が古典映画ではなく、現代映画であるというところに尽きる。

そう、この映画はあくまで現代の映画ファンに向けられた現代映画。
普段白黒&無声の古典映画を観ない人に向けて作られていて、情報がものすごく緻密に整理されている作品なのだ。
だからこそ、「無声映画のルール」なんてまったく知らない僕のようなヤツでも、何の戸惑いもなく受け入れてくれる間口の広い映画になっている。
それでいて、『名画感』を存分に味わえるってんだから、これはものすごくお得です!

さらに、この作品が現代映画である強みがあるんだけど、それは、、、(ネタバレになりますが)『音』の使い方。
無声映画であるからこその『音』の使い方が絶妙で、心から「センスいいな〜」と思うし、なにより『音』がなるシーンがものすごく印象的。

映画内で音が鳴るシーンは2回あるんだけど、2回目のアレは言ってしまえばオマケ的な演出。
(もちろん、アレがあるからすごく幸せな映画になっているのは間違いないけど。)
やっぱり、1回目のあの「音」がすごい。

ジョージに突然訪れた最悪な意味での「特別な瞬間」
それが、『音』と『無音』の組み合わせで見事に表現されていて、ものすごく鮮烈な印象を残している。

そして、そういう「特別で鮮烈な瞬間」を、たった1シーンだけに絞ったっていうのが、本当に素晴らしい。
こうして「正解」の演出を見ると当たり前のことに思えるけど、「1シーンに絞る」ってことが出来ない映画はいっぱいあるんですよ。。。『BECK』って映画がありましてね。。。

ここからずっと「ジョージの苦悩」が描かれるんだけど、音声が無いことが、より強い「息苦しさ」を感じさせる。
ジョージがどれほど叫び暴れても、そこに音がないせいで、うまく共感できないというか。
そして、うまく共感できないことが、「彼の孤独を救ってあげることが出来ない」という無力感をも生じさせてしまう。
そういう意味で、作品との「距離」を感じるところもまた『アーティスト』の特徴だった。

そして、この「距離感」が、昔の「映画スター」という存在とも通じているのが、また巧い!
(余談ですが、ジョージのいかにも20〜30年代の「映画スター」的な表情や立ち振る舞いがかっこよすぎて、それだけでも見る価値がありますよ!)

また、苦悩を続けるシーンの中で、ジョージが歩いている通りにある「お店の看板」がジョージの心境や状況を示唆しているなんていう演出も。
こういう無声映画っぽい仕掛けがオシャレというか巧いというか。ステキです!

Artist03

そして、ジョージは苦悩の果てに、つい「自分の栄光時代の象徴」である映画のフィルムを燃やしてしまうんだけど、個人的にはこのシーンは「見ていられない!」と思うほどにキツいシーンだった。

<何かに全情熱を捧げて生きてきた男が、全てを失い、やけになり自分の栄光時代の品を燃やす>というだけでも男としてかなりキツいシーンなんだけど、さらに、映画好きとしては「フィルムが燃えていく映像」っていうのは、どうしても心を抉られるような気分になってしまう。

この「心を抉られるような気分」。
思い返してみると、現時点での僕の2012年ベスト映画『ヒューゴの不思議な発明』でも、痛烈に感じた気持ちだ!

ある意味よく似ていて、ある意味で対極的な『アーティスト』と『ヒューゴの不思議な発明』という2本の映画。
かたやフランス人監督によるアメリカ映画への愛に満ちた映画で、かたやアメリカ人監督によるフランス映画への愛に満ちた映画。
ほぼ同じタイミングで、この2本が世の中に出て、愛し合うかのようにお互いを称え合っているようにも見えるんだけど、そんな2作が今年のアカデミー賞を争ったわけで。
なんだか、とても運命的!!

ただ、僕の個人的な感想をいえば、僕は圧倒的に『ヒューゴの不思議な発明』派。
というのも、そもそも僕が映画を好きになったキッカケって、小学生の頃にテレビで見た『ジュラシックパーク』や『ターミネーター2』なわけで。
今でこそヒューマンドラマやサスペンス映画も大好きだけど、映画に対して本能的に感じた魅力って、やっぱり映画のVFXの魅力だったわけで。
そういう意味で、僕にとっては「映画=夢を見せてくれるもの」なわけですよ。

さらに言ってしまえば、僕にとっての「映画」って、SF映画の父・VFXの父たるジョルジュ・メリエスを抜きには語れないものなんですよ。
そして、メリエスが映画を作っている様子、言わば『月世界旅行』のメイキング映像が観れるとう1点だけをとっても、『ヒューゴの不思議な発明』は本当にステキで最高すぎる映画なんですよ!

すみません。なぜか『ヒューゴの不思議な発明』について、熱く語ってしまいました。。。

まあ、そんなわけで、作品のテーマでもある「映画愛」という観点では、やっぱり『ヒューゴ』ほどじゃないな~、なんて気もしちゃったんですが、、、。
これまたすごく個人的な感覚で『アーティスト』が『ヒューゴの不思議な発明』を上回っていると思えるのが、犬の演技ですよ!
もう!犬、かわいすぎ!犬、サイコー!

今年の3月に、実家で17年間飼っていた犬が死んじゃったというすごく私的な経験もあって、あの犬の演技に本当に笑わされ、泣かされ、死ぬほど萌え狂ってしまった。

Artist02

というわけで、今日もまとまりのない感想を書いてしまったけど、まあ、映画が好きな人に刺さる映画なのは間違いない。
『アーティスト』、文句なしに素敵な映画だった!!!

同じようなタイミングで『ヒューゴの不思議な発明』が公開され、この2本を見比べることで、「自分にとっての映画って根本的には何なのか?」「映画っていう表現の何が好きなのか?」という、「気づき」につながったというのも、個人的にはいい経験だった。

「無声映画のスターの人世を、無声映画で撮る」という、誰もが考え付きそうで考えなかった表現の新鮮さも魅力だし、今風に整理されていることで、「無声映画」という敷居の高そうなアートを手軽に楽しめると言う点でも超貴重な作品。

登場人物のキャラクターがややステレオタイプ的というか、過剰な部分はあるけれど(具体的に言うと、ヒロインの女の子、途中調子乗りすぎでムカつくっ!)、それも話をわかりやすくするためと考えれば許せるライン。

これから、「死ぬまでに観たい映画1001本」「5000 Best Movies」などを参考に【映画通】を目指す身としては、古典映画への足がかりとしても非常にステキな映画でした。

一つだけケチをつけるとすれば、最後の最後にジョージが言葉を話す(サイレント映画⇛トーキー映画への変化)んだけど、あそこで白黒映画⇛カラーへの変化を期待してしまった。
だって、この映画のキャッチコピー「君と出会って、世界は再び色づきはじめる」なんだもん。
「白黒」であることも重要な仕掛けになってるのかな〜という期待は野暮だったんでしょうか。
まあ、確かにあそこでカラーになったら、映画としてすごくダサいのかもしれないけども。

最後に、ジョージが「話すこと」を頑なに拒んでた理由がどうしても気になってググってみたんですが、、、
「ジョージは自分の『フランス訛り』にコンプレックスがある」らしく、最後の「もう1テイク!」「喜んで!」のくだりで、それがわかるという演出になっているらしい。
言うなれば、「もう1テイク!」「しょーんなかね。。よかばい!!」。みたいなことなんですかね?

うーん。これは気付けないなぁ。。。
こういうニュアンスって、やはり非ネイティブには辛いところ。やはり「言語の壁」は厚い。。。。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です